暖かい暖をとる薪ストーブの魅力〜だんだん暖まる住まい〜

説明する作業員

ローテクノロジーの代表格

作業担当者

薪ストーブとエアコンを比較するならば、その特徴として最もわかりやすい違いはローテクとハイテクの差だといえるでしょう。古代からずっと利用されてきている、巻を燃やすことによって熱を獲得する方法。それに対して、現代的な科学技術を応用して冷たい空気を暖かい空気に変えて熱を獲得する方法。この違いが最も大きな違いとしてあげられることは間違いありません。

同時に、加熱方式も違えば機器自体の特色にも違いがあります。石油ストーブやガスストーブなどもありますが、薪ストーブのみに存在する特色として換気装置としての役割も果たしています。部屋の空気を利用して燃焼するにあたって、その際に利用した空気は煙として煙突から屋外に排出されるがゆえに使用している間適度な換気が起こっているのです。薪を燃やすと言っても、現在では海外の排ガス規制の流れを受けてかなり地球環境に配慮した仕様となっている事が多いです。それを踏まえると、化石燃料を利用する他の暖房手段と比較してかなりエコな手段であるといえます。

さらにいえば、薪となる焚き木を調達できる場所があるならば自給自足で燃料を確保することができるという特徴もあります。リビングの雰囲気もかなり大きく変わり、くつろぎの空間が完成することは間違いありません。導入にはコストが掛かりますが、それを払うだけの価値はある製品であるといえます。輻射式の暖房は部屋が暖かくなるまでに時間がかかる傾向があります。それは、赤外線を発することによって部屋の中にあるもの自体を暖めるからです。つまり、壁や床、そして家具や人体までと、全体的に暖める効果を期待できるでしょう。