暖かい暖をとる薪ストーブの魅力〜だんだん暖まる住まい〜

説明する作業員

暖かい暖房器具

不動産

薪ストーブやエアコンを始めとして、暖房器具は今現在日本国内でも多数の商品が流通しています。その種類は実に多岐にわたっていて、種類ごとに特徴もありますから、まずはどのような種類の製品があるのかを知ることが重要となります。暖房器具を大きく引かうするのであれば、温めるための方式を知りそこから分類するとわかりやすいです。その種類は大きく分ければ、対流式と輻射式、そして伝導式の三種類に分類することができます。この中で輻射式は、遠赤外線式と呼ぶことも可能です。

対流式とは、空気の流れによって室内の温度を暖める方法です。よって、ここにはエアコンを始めとしてファンヒーターやストーブが挙げられます。輻射式はこれに対して、本体から赤外線を放出することによって部屋を暖める方法です。その例としては、ハロゲンヒーターやオイルヒーターが挙げられます。

電動式は、自分の体に直接当たることによって熱を伝え、暖を取ることができる手法です。ホットカーペットやこたつなどの暖房器具がここに当てはまります。この中から機器を選択して暖を取るのが一般的であり、その特徴を知ることが重要となります。

エアコンと薪ストーブの加温方式を比較すると、エアコンは対流式の暖房であるのに対して、薪ストーブは輻射式の暖房であるという点が特徴であります。よって、対流式と輻射式の違いを比較することでその能力を比べることがある程度可能となります。対流式の暖房は、空気の流れによって部屋を温めます。機器本体から暖かい空気を吐き出すことによって、部屋の中の空気を暖かい空気で循環させて暖かくする方法なのです。その方法の特徴として、温風が出る結果温かいと感じるようになるまでの即時性が高いといえます。